中村獅童

歌舞伎役者さん

中村獅童さんのお嫁さんになった、足立沙織さんってどんな人?

更新日:

中村獅童さんといえば、映画やテレビドラマにも多く出演し、声優としても活躍するマルチな才能の持ち主ですね。そして本業は、“萬屋”の屋号を持つ歌舞伎役者です。最近では、その妻・沙織さんもメディアでお見かけする機会が多くなってきました。

萬屋の屋号につきましては、こちらの記事もご参照ください。

成田屋の定紋をつけた市川團十郎
歌舞伎の屋号とは? 歌舞伎の家に格付けってあるの?

歌舞伎役者には、個人の名前の他に「屋号」があります。“大向う”から、主役クラスの役者さんに向かってかかる「○○屋!」という掛け声、あれは屋号を呼ばれているのです。 歌舞伎の掛け声につきましては以下の記 ...

ここでは、2019年NHK大河ドラマ「いだてん」で、中村勘九郎さんが演じる「金栗四三」の兄役を務める二代目中村獅童さんと、妻・沙織さんについて、迫ってみたいと思います。

中村獅童の父親は、元・歌舞伎役者?

歌舞伎

中村獅童さんは、歌舞伎の名門・小川家の長男として1972年に誕生しました。結婚10年目にして授かった、待望のお子さんだったそうです。

しかし、獅童さんが幼い頃に、父である初代中村獅童さんは、歌舞伎の道を断念してしまいます。現在の獅童さんは、その父の名を継いでいるため、二代目中村獅童となるそうです。

そんな中村獅童さんですが、6歳の頃から日本舞踊を始め、自らの意志で「舞台に立ちたい」と祖母に直訴したといいます。本来師匠となるはずの父親が歌舞伎役者を廃業したため、世話をしてくれる付き人もおらず、全て母親の小川陽子さんが付き添ったそうです。

中学生になってからは音楽活動にのめりこみ、歌舞伎は開店休業状態だったといいます。19歳で、再び歌舞伎の道を歩むことを目指しますが、後ろ盾がなかったため、なかなか役がつかなかった時期もあったそうです。

そんな中村獅童さんを引き上げたのが、2012年に亡くなった、十八代目中村勘三郎さんと言われています。中村勘三郎さんは芸に大変厳しい人で、“やる気のある人”を特に好んでいたと言われています。

中村獅童さんが活躍した、映画「ピンポン」での意欲的な姿や、「中村屋」にない独特の持ち味に、魅力を感じたのかもしれません。

中村獅童さんは、中村勘三郎さんのことを「勘三郎兄さん」と呼んで、師匠として大変慕っていたそうです。

中村獅童の妻は、元読者モデルだった?

ファッション雑誌

そして、2015年に中村獅童さんと結婚し、小川家のお嫁さんとなったのが、沙織さんです。旧姓・足立沙織さんは、早稲田大学在学中に女性ファッション誌の読者モデルとして活躍していたそうです。

その後、足立沙織さんは、芸能人にもファンが多いアクセサリーブランド「クロムハーツ・東京」に勤務します。そこで出会ったのが、夫となる中村獅童さんだったのです。「クロムハーツ」は、中村獅童さんも大好きなブランドなので納得ですね。

“梨園の妻” というとてもデリケートな立場となる小川家のお嫁さんとして、足立沙織さんはすぐに母・小川陽子さんに気に入られたそうです。まだ結婚していない頃から、梨園のしきたりやお礼の作法などを教えていたといいますので、とても信頼されていたようです。

結婚の延期と病気との闘い

病室

結婚間近と言われていた二人ですが、2012年に恩師である中村勘三郎さんの逝去、そして2013年12月には、母である小川陽子さんが亡くなり、結婚は延期されました。喪が明けた2015年1月31日、中村獅童さんと沙織さんは入籍し、5月には都内のホテルで披露宴が行われました。

2017年5月には、中村獅童さんに初期の肺腺がんが発見されます。健康診断での奇跡的な早期発見だったことで、獅童さんはその年6月・7月の舞台を休演し、手術と療養に専念しました。

奇跡的な早期発見は、妻・沙織さんが精密検査を勧めたことが幸いしたといいます。中村獅童さんは、「妻がそばにいてくれて感謝です」と周囲に語り、乗り越えられたのも妻のおかげ、と沙織さんに感謝していたそうです。

その後、無事快復され、中村獅童さんは現在も舞台で躍進を遂げています。同じ年の12月には、待望の息子・陽喜くんも誕生し、公私ともに、忙しく充実した毎日を送ってあるようです。

中村獅童さんにつきましてはこちらの記事でもご紹介しています。合わせてご覧ください。

中村獅童
中村獅童さんと前妻竹内結子さんとの間の子供は長男だけど跡継ぎにはならない?

多才な中村獅童さんは、本業の歌舞伎役者としてだけでなく、映画やドラマにも多数出演されています。現在は2017年11月に誕生した息子・陽喜くんを溺愛する姿が、インスタグラムで話題を呼んでいますね。 そん ...

-歌舞伎役者さん

Copyright© かぶきのーと , 2020 All Rights Reserved.